台風の時期になりテラス波板が古く、強風で飛んでしまわないか心配とのご相談を頂きました 池田市 施工実績

Before
After

案件名

台風の時期になりテラス波板が古く、強風で飛んでしまわないか心配とのご相談を頂きました

種別

テラス屋根工事

所在地

池田市

ポイント

池田市で台風の時期になりテラス波板が古く、強風で飛んでしまわないか心配とのご相談を頂きました。
ベランダテラス波板屋根が変色・変形・破損割れ・止フック劣化など危険な状態でした。
とくに強風で飛んでしまう原因は止フックの劣化が原因です。
工事工程はまず、古い波板を撤去、アルミテラス骨組みとテラス雨樋の掃除、新しいポリカ波板の施工で工事完了です。
約2〜3時間で工事は終わります。

気候が不安定な昨今、屋根の重要性はますます高くなっています。

「雨漏り」
「屋根材のズレ」

など、早ければ新築から5年程度、遅くとも10年頃には外壁同様確認される事をお奨めします。
屋根は早めに修理する事で、長い耐久性を保て費用も抑えられます。スレート、板金など、屋根自体の葺き替えが効果的です。
吉永板金工作所では 『1級建築板金技能士』 の資格を持つ職人が屋根の状況、着工時間帯、気象条件など、お客様と事前に綿密な打ち合わせを行いご納得いただいてから作業を開始しますので
安心してご相談、ご依頼下さい。

施工地域も池田市から大阪市・箕面市・豊中市・川西市・西宮市・芦屋市などの施行も可能ですのでお困りの際はお気軽にご連絡ください。